• 料金
  • アクセス

野球肘について

野球肘は、野球の投球動作で肘を損傷してしまうスポーツ障害の一つです。10歳から16歳くらいまでの成長期を迎えた子供に発生しやすく、野球経験者の中では約2割の発症率といわれています。

野球肘の原因

野球肘の原因は投球過多やオーバーユースです。無理な投球フォームや、過度な投げ込みをするうちに、肘関節部分が損傷したり、炎症が起きたりします。

野球肘の症状

症状は投球のときや投球後などに痛みが生じたり、肘の伸びおよび曲がりなどがしにくくなる、肘が急に動かせなくなるロッキング症状が起こることもあります。

軽度の場合はバッティングで痛みを感じることはないので、投球はできなくてもバッティング練習を続けることはできます。ただし、重症化しないためにも早めに治療を始めることが大切です。

野球肘でお悩みの方は当院にお任せください

当院では施術の前にしっかりと症状を確認して、痛みの根源から治療できるようにカウンセリングいたします。豊富な治療メニューの中からそれぞれに合わせた治療プランをご提案します。野球肘は当院にご相談ください。

棟高なまい接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら
LINEはこちら
LINEはこちら
院名 棟高なまい接骨院
所在地 〒370-3521
群馬県高崎市棟高町684-3
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 14:00 ~ 19:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み

コメントは受け付けていません。