• 料金
  • アクセス

ゴルフ肘について

ゴルフ肘は適切ではないスイングを繰り返し行うことで、肘の内側にある内側上顆に過度な負荷がかかってしまい炎症を起こし痛みが生じる状態を指し、スポーツ障害の一つに分類されています。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘を引き起こす原因については、ゴルフで身体を使わずに手先で打ったり、無理な力がかかったりした状態でスイングを続けることにあります。

そのためゴルフ肘が起こりやすい人の傾向として、まだスイングが安定していない初心者から中級者に多く、経験者なのでゴルフ肘に悩んでいる人は中高年に多いといわれています。

これは筋肉の収縮をホネに伝える働きをする腱は、年相応に老化が進み衰えやすい部分です。加齢によって身体の柔軟性が失われやすいことも、中高年に起こりやすい原因の一つとなります。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘の症状は、手首を曲げたり捻ったりすると、肘や前腕の内側に痛みを感じることが特徴です。痛みの他には肘が張ったような感じがしたり、上腕骨内側上顆の下には大きな神経が通っているので、この症状の影響により神経が圧迫されて薬指・小指にしびれが生じる場合があります。

症状が進行すると手首を手のひら側に曲げるだけで痛みが強く出るため、日常生活に支障をきたす場合があるので注意が必要です。

ゴルフ肘でお悩みの方は当院にお任せください

当院では患者様との信頼関係が何よりも重要だと考えております。そのためにも施術の前にしっかりと症状を確認して、痛みの根源から治療できるようにカウンセリングし、施術させていただきます。ゴルフ肘の痛みは当院にご相談ください。

棟高なまい接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら
LINEはこちら
LINEはこちら
院名 棟高なまい接骨院
所在地 〒370-3521
群馬県高崎市棟高町684-3
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 14:00 ~ 19:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み

コメントは受け付けていません。