• 料金
  • アクセス

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭まる病気です。50歳くらいの人に多くなり、60歳から70歳程の人に脊柱管狭窄症の患者が多くなります。推定患者数は580万人と言われている程で、誰がなってもおかしくないです。
 

脊柱管狭窄症の原因と症状

腰と足に発生します。歩行を続けていると下肢に痛みまたは痺れがある、連続して歩くことが難しく休みながらでないと歩けない、立っている際に症状が強くなる場合は脊柱管狭窄症の可能性が高いです。
 
他にも前かがみの体勢や後ろに反る体勢が取りづらい、下肢に力が入らない場合も疑ったほうが良いと言えます。ひどくなると便秘や頻尿、尿漏れや残尿感といった症状が見られる場合も多いです。
 
原因は、加齢があげられます。年を取ると若い人より背骨が変形しやすく、脊柱管を狭めることになりがちです。そうすると神経が圧迫されてしまって血行不良が起こり、種々の症状を経験するようになります。仕事やスポーツによる負担や他の疾患が原因となるケースも多いです。
 

脊柱管狭窄症でお悩みなら当院にお任せください

現役時代に腰に負担がかかる仕事や競技をしていた、腰や背中の疾患がある際には発症リスクが高まります。年を取ってから無理をしていなくても、若い頃の無理が50代以降に脊柱管狭窄症という形であらわれることもあります。症状が悪化する前に当院にお越しください。ご来院心よりお待ちしております。
 

棟高なまい接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 棟高なまい接骨院
所在地 〒370-3521
群馬県高崎市棟高町684-3
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 14:00 ~ 19:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み

コメントは受け付けていません。